「やらなかった後悔」は強力なメンタル破壊兵器だった。

ブログを始めた理由を整理していたら、表題の件に気付いてしまった。 

 

こんにちは普通のサラリーマンTsukui(@tsukui7)です。

なぜブログを始めたのか。

  1. 学生時代に書いていたブログを読み返す機会があり、気づきが多かったから。
  2. 社会人8年を振り返り、何がどう成長したのか言葉にできなかったから。
  3. 世の中に、自分の経験を発信し評価されている人の存在を知り、憧れたから。

1,学生時代のブログとは。

さかのぼってみると、2007年2月5日が初めての投稿でした。友人と作ったサークルの広報の一環でブログを立ち上げ、”開かれたmixiの日記"のような感覚だっとことを覚えている。

ただの日記なのですが

「何を思い」

「何をしようとしていたのか」

振り返ることができます。

就活のこともあれば、社会人デビューに失敗した時のネガティブ日記まで残っており、書いておいて良かった。

2,仕事を初めてからの成長をことばにまとめる。

上で紹介したブログのように記録があると、改めて総括することができる。

ある程度仕事ができるようになりました。そんな今こそ改めて今までの仕事ぶりや成長ぶりを総括し、次の成長へ結びつけて行きたいという思いが強くなりました。

ブログを将来の自分のために書いておこう!そんなスタンスで考えている。

3,ブログが盛り上がっているように思えた。そして憧れた。

何かのきっかけで1つのブログに出会ったことがきっかけだったと思います。

www.outward-matrix.com

「自身の経験をシンプルまとめいるなぁ」

と関心しました。

1,2ヶ月ほどブログを追いかけていた時、ブログの筆者がオンラインサロンを開くと知り、軽いと評判のフットワークで突入。

そこでは仕事の成長、プライベートの成長、分け隔てなく情報が交換されていました。

参加者の刺激を受け、ブログを書くということに改めて挑戦することにした。

書き始めてみて・・・

ブログを解説してから1年。

本格的に更新をするようになって1ヶ月が経ちました。

勢いではてなブログをProへ変更。ドメインも取得しました。

しかし仕事を理由に、ブログの更新は一切進みませんでした。

 

なぜ、開設から1年経った今、更新を再開したのか

わたしが何もしていない間、サロンの筆者はサロンを拡大し、本も出すまでになりました。

同じ土俵ではないとわかっていましたが、なぜ着手したものを継続しなかったのか?やり切らなかったのか?後悔しました。

 

そして

後悔というダメージは、20代の時とは比べ物にならない破壊力をもっていた。

 

これ以上、後悔というダメージには耐えられそうにない。そう感じたわたしは「とにかくやる!」を心に決めました。

 

そんなこんなで書き始めた次第。今のところ1ヶ月は継続中。

まずは100記事、書いてから考えようと思っています。